わたしらしく、社会の・あなたの役に立ちたい。

S__61513730

フリーランスになってもうすぐ2年。おかげさまでたくさんのお仕事に恵まれ、素敵な方、媒体とお仕事させていただきました。毎日忙しく仕事をしていると、ついつい現状維持を目的にしてしまうのですが、そんな人生ちょっとつまらない。ということで久しぶりにこちらのお知らせを◎

撮影でお役に立てる事柄があれば、お気軽にお声がけください〜!

もっと多くの方、多くの媒体と出会い、撮影がしたい、記事を書きたい。自分ができることで世の中の役に立ちたい。シンプルにそう思っています。どうしても人とつながりで仕事が決まる業界ではありますが、わたしは現時点でつながりがない企業、方とも積極的にお仕事がしたいです。だって、お互い仕事・媒体・表現の可能性がぐぐっと広がるかもしれない。

ということで、具体的にお役に立てそうなお仕事&今までの実績を書いてみました。


①雑誌・書籍、フリーペーパーなど紙媒体の撮影、執筆
今、一番多い仕事です。特にポートレイトが得意です。その人の素を引き出して、ありのままの魅力を伝えることに長けています。撮影だけでも、撮影+執筆でも◎ 4年間月刊誌の編集をしていたため、企画から依頼、校正などの編集業務も承れます。オールインワン!
情報紙『シティリビング』8/24号特集(撮影・執筆・編集)
雑誌『LaLa Begin』表紙&カメラ記事(撮影・執筆)
雑誌『spoon.』俳優・志尊淳(撮影)
雑誌『フォトテクニックデジタル』(撮影・執筆)
雑誌『BOMB』(撮影) 他多数。

②店舗、ファッションやアクセサリーブランドなどの撮影
カフェ、雑貨屋、パン屋、飲食店など暮らし系のお店でのメニュー、スタッフ様撮影など得意分野です。「新しくお店がオープンする」「お店のイメージを変えたい」「写真にこだわりたい」時におすすめです。わたし自身が日々の生活を大切にしているからこそスタイリングも含めて撮影できます。ファッション関連の撮影はリーフレットやWEBサイト掲載用、展示会用の写真など。女性モデルを入れての撮影が得意です。モデルさんを紹介することも可能です。
吉祥寺「book obscura」
清澄白河「BELG:hairworks」
アクセサリーブランド「Everyday Earrings」
その他、喫茶店、カフェなど多数

③女性タレント様の撮影
女性を被写体にした撮影がとても得意です。最近はタレントさんの撮影も増えてきました。その人のかざらない魅力をふわっと切り取ることが得意です。女性カメラマンが撮る女の人ってやわらかくて、すごく、良いんですよ。旅先で素顔を切り取るような撮影も得意です。
女優・小西真奈美さん
女優・創作あーちすと・のんさん
女優・唐田えりかさん
モデル・赤坂由梨さん(写真集『Ambivalence』) 他多数。

④地方自治体の活性化につながる撮影、執筆
数年間、地方自治体職員だったので状況が肌感覚で分かりますし、課題解決に尽力できます。リーフレットやフリーペーパーを作るなどの企画段階から、ロケ場所選定、撮影、執筆などトータルで携わることができます。
こうふはっこうマルシェ(山梨県甲府市)
Akita Fan Weeks(秋田県)※昨年度のリンクとなります。

⑤女性向け写真教室の講師
SNSの普及により昔より写真を撮る機会が多くなりました。でも難しい専門用語などもあって「カメラを使いこなせない」「写真をうまく撮れない」と悩みを抱えている方(特に女性)も多いように思います。そんな方に向けて簡単・分かりやすい・すぐに使える写真のコツをレクチャーします。
朝時間をもっと楽しむための写真講座(アイランド株式会社)
いいね!がつくおしゃれな写真を撮ろう!すぐに使える女子のための写真術(パリマグ)

【得意分野】
・女の子、女性に関する撮影
・インタビューの撮影、取材
・暮らし、ライフスタイルまわりの撮影
・ひとり旅、朝時間、本屋、清澄白河、台湾、カメラなどの得意テーマに関する撮影、取材

【ご依頼の流れ】
①お問い合わせ
②ヒアリング・お打ち合わせ
③お見積書作成、ご確認
④撮影・取材
⑤撮影写真、原稿などのご確認
⑥修正
⑦納品
内容によっても異なりますが、大まかな流れです。

【その他お伝えしたいこと】
・撮影写真はPHOTOをご覧ください。
・今までのお仕事はABOUT ME(WORK/取引先一覧)をご覧ください。
・メディア掲載も承っております。過去に読売新聞、雑誌『spoon.』『オズマガジンプラス』、WEBマガジン「箱庭」など多数ご紹介いただいています。
・都内以外のお仕事も承っております(交通・宿泊費は応相談)。


私は良い意味で敷居の低いフォトグラファーでありたいと思っています。もちろん誇りを持って仕事はしていますし、それはきっと私が作り出すコンテンツからも伝わると思います

ただ、一般的に会ったことのないフォトグラファーに仕事の相談をするハードルはちょっぴり高いですよね…。「なんとなく今、つながりがある人に頼んだ方が安心」「新しい人にお願いするのはリスキーかも」みたいな理由もよく耳にします。

でも、それってちょっともったいない気がする。確かに双方の条件が一致する、という大前提はありますが、私は、今つながりがない方とも積極的にお仕事やコラボレーションなどご一緒できればと思っています。そのことで、この世の中にあらたな表現が生まれたり、価値観が生まれたりして、毎日を機嫌よく生きられるお手伝いができたらうれしいな。

【お問合わせ】
お仕事のご相談、ご質問、予算感やスケジュールなどはこちらから気軽にお問い合わせ下さい。折り返しご連絡させていただきます。皆さまに撮影や取材でお会いし、いいものを作れること、心から楽しみです。