2019/1/18

朝からどばばーーっと仕事をして、吉祥寺へ。写真展のDMを吉祥寺の他のお店にも置いてもらいたく、ふわふわとお店を訪れた。と言っても時間がなくて2店舗しか行けなかったんだけど、その中の一つがにじ画廊(もう一つが百年。大好きな本屋さん。DM置いてもらえてうれしい)。にじ画廊で行われていた写真展「つがい」が良すぎて、良すぎて、良すぎて、嫉妬した。恋人から夫婦になる二人が写真を撮りあった軌跡なんだろうけど、本当にうらやましかった。ありがち過ぎて口にするのも恥ずかしいけれど、近しい人のポートレートを撮るって良いなぁ。写真を撮りたいと思える人、写真を撮ってくれる人と生活を共にしたい。悔しいくらい素敵だったなぁ。

その後、写真展「いい一日、いいわたし。」のオープニングイベントへ。秋田に行ったのはもう半年位前だけれど、間違いなく2018年を代表するお仕事だったし、撮影だったし、その集大成となる写真展を見てもらえたのは本当にうれしいな。自分で言うのもあれやけど、本当にいい写真たち。今回のお仕事は箱庭のインタビューを見た担当者さんが声をかけてくれたんです。縁と縁がつながって、未来につながっていく。そんなお仕事ができて幸せだー!秋田に足を運んで自分の軸足が少しずつ見えてきた気がする。女の子を撮ること、写真と文章で想いを届けること、生活を大事にすること。そのどれもが今回の「Akita Fan Weeks」で届けられた気がして、作り上げるのはめちゃくちゃ大変だったけれど、出会えたことが幸せなお仕事だった。し、きっとこのご縁はこれからも続いていくんだろう。私は写真を撮って生きていきたい。それは仕事とかプライベートとか境目はどうでも良くて、とにかく写真を撮り続けたい。毎日毎日写真を撮っていたい。好きとかそういう次元を超越していて、お気に入りのフィルムとフィルムカメラと撮らせてくれる人がいれば、それだけで私の人生、大丈夫。