\お仕事のご相談を検討されている皆さまへ/

000031

こんにちは。フォトグラファー/ライターの忠地七緒(ただちなお)です。今日2月1日で個人事業主登録をしてから1年が経ちました。

ツテもコネもほとんどなく、でも「きっと大丈夫」という根拠のない自信があったあの時。おかげさまで仕事にも人のご縁にも本当に恵まれ、数々の素敵な方、媒体様とお仕事させていただきました。2年目も、もっと自分を社会の役に立たせたいと思っています。そこで…

撮影&インタビュー取材でお役に立てる事柄があれば、お気軽にお声がけください!

フリーで働いている方には分かってもらえるのではないでしょうか。自分発信で「もっとお仕事をしたいです」と発言する怖さを(だって仕事がなくて困っているみたい。笑) 今、わたしの仕事は安定していて、新しい仕事を探す切迫感はないのですが、あえて口にしました。

それはもっと多くの方、撮影&インタビュー取材と出会ってみたいから。もし役に立てることがあれば、お力添えしたいな、そう思うから。クラウドファンディングが成功し、写真集を出版し、2月には写真展を行います。何一つとして自分一人の力では出来ず、いつも周りの人に助けてもらいました。だから仕事を通じて恩返ししていきたい。

具体的にお役に立てそうなお仕事は、こんな感じです。

【お仕事】

1.女性、女の子を被写体とした撮影

①洋服、ジュエリー、メガネ、靴下、鞄などの女性向けファッションの撮影

th_421A0683(アクセサリーブランド『Everyday Earrings』)

th_421A1445

(日傘『Coci la elle』WEBマガジン)

WEBサイト掲載用、リーフレットや展示会用の写真など、女性モデルを起用する撮影が得意です。やわらかく女性らしい透明感あふれる写真を撮影することで、ブランド様の世界観を届けられるよう心がけています。イメージに合うモデルをご紹介することも可能です。

②女性モデル、アイドル、女優の撮影

th_421A9253

pic3女性の素を引き出して、ありのままの魅力を伝えることに長けています。女性カメラマンが撮る女性ってすごく、良いんです。旅先で素顔を切り取るような撮影も得意です(2016年グアム、2017年台湾で撮影実績有)。

③女性のプロフィール写真撮影

421a8876

(文具ソムリエール・菅未里様)

421A9843

(my MOJI代表・萩原季実子様)

プロフィール写真は第一印象の要です。自分らしさを伝える部分として整えておきたい場所。写真を撮られることに苦手意識を持っている方もご安心ください。ゆるやかな雰囲気の中、お話ししながら撮影しますので、緊張せずやわらかい表情で写真に映ることができます(企業様、個人事業主様に限ります。個人のお客様はIt’s me!をご利用下さい)。

2.インタビュー取材、撮影、執筆

421A9988

(モデル・デザイナー・雅姫様)

421A9953

(旭化成ホームプロダクツ株式会社様)

人の想いをインタビューで引き出し、撮影し、記事にまとめていく…。通常、ライターとフォトグラファーは別々であることがほとんどですが、私はインタビュー→撮影→テープ起こし→原稿執筆と一括で承れますので、写真と文章で丸ごと人となり・想いを伝えることができます。著名人から企業様まで幅広い方のインタビュー経験がございます。
→執筆記事はこちらをご覧ください。

3.雑誌・書籍、フリーペーパー・広報誌など紙媒体の撮影、執筆、編集

(雑誌『LaLa Begin』「カメライフをはじめよう!」16P分企画・撮影・執筆)

421A2649

(写真集『Ambivalence』撮影・編集)

4年間雑誌の編集をしていたことから、紙媒体の編集はお任せあれです。編集(依頼・進行管理・レイアウト指示等)のみならず、企画・取材・撮影・執筆・校正全て一括で承れます。オールインワンです。

4.旅の空気感を伝える撮影

奄美大島 奄美大島

旅が好きです。旅先で出会った空気感をやさしくそっと切り取っています。観光名所を並べるのではなく、その土地のあたたかさがグッと伝わる写真を撮っています。旅行ガイドブック撮影などぜひ。

【得意分野】

・女の子、女性をモデルにした撮影(モデルのご紹介も可)
・暮らし、ライフスタイルまわりの撮影
・旅行、ひとり旅、朝時間、本屋、清澄白河、台湾などの得意テーマに関する撮影
・インタビューの撮影、取材

【ご依頼の流れ】

①お問い合わせ
②ヒアリング/お打ち合わせ
③お見積書作成、ご確認
④取材/撮影
⑤撮影写真、原稿などのご確認
⑥修正
⑦納品、料金のご請求
内容によっても異なりますが、大まかな流れです。

【その他、お伝えしたいこと】

・撮影写真はPHOTOをご覧ください。
・執筆記事はCOLUMNをご覧ください。
・プロフィールや仕事実績はABOUT MEをご覧ください。
・メディア掲載も承っております。過去に『読売新聞』『オズマガジンプラス』等掲載していただいています。
・都内以外のお仕事も大歓迎です。北海道から沖縄まで、海外だって足を運びたいと思っています(交通費は応相談)。

私は良い意味で敷居の低いフォトグラファーでありたいと思っています。もちろん、誇りを持って仕事はしていますし、それはきっと私が作り出すコンテンツからも伝わると思います

ただ、一般的に会ったことのないフォトグラファーに仕事を依頼するハードルは高いですよね…。「怖そう」「仕事受けてもらえなさそう」そんな声をよく聞きます。これはお互いにとってもったいない。確かに双方の条件が一致する、という大前提はありますが、私は、今つながりがない方とも(もちろんつながりがある方も◎)積極的にご一緒できればと思っています。

【お問合わせはこちらまで】

撮影を依頼してみたい!というご相談はもちろんのこと、撮影、取材のお悩み相談や分からない点のご質問など、歓迎しております。まずはお問い合わせいただけると嬉しいです。

お問い合わせフォームはこちら

写真家・忠地七緒 写真集発売&写真展開催のお知らせ

写真集発売のお知らせ

ambivalence(表紙)

◆2017年12月2日に、初の写真集『Ambivalence』を出版しました。

「撮ることで、目の前の女の子を肯定したいと思った」(あとがきより)

異国の地・台湾で、公私共に親交の深いモデル・赤坂由梨の素顔を撮り下ろしました。2泊3日、離れることなく側にいた写真家とモデル。普段ひた隠しにしているお互いのドロっとした感情や素がぶつかりあい、その結果お互いの本心をすくい上げるような写真集となりました。

◆写真集の中身を少しだけ公開します。

ambivalence(P14-15)

ambivalence ambivalence(P30-31) ambivalence(P52-53)

421A2649 421A2650 421A2651

朝ごはんを食べに行ったり、かき氷を食べたり、公園で太極拳をしたり、夜市ではしゃいだり。台湾の日々の暮らしに溶け込みながら、思いっきり台湾を楽しむ一人の女の子の素顔を撮り下ろしています。写真集末尾には、写真家、モデルが本撮影にあたっての想いも書き下ろしました。

本書はクラウドファンディングにて、27日間でパトロン136名・891,000円を集めた写真集です。

◆写真集はどこで買えるの?

本屋さんかWEBストアで買えます。本屋さんで買ってもらえるのが一番うれしいです。本屋さんでお買い求めいただいた方には写真集+「生写真(非売品) or ポストカード1枚」をプレゼントしています。どの書店もとても素敵なので、ぜひ足を運んでもらいたいです〜!

【お取り扱い書店】
栞日(長野)★
恵文社一乗寺店(京都)
ホホホ座三条大橋店(京都)
スタンダードブックストア心斎橋(大阪)
代官山蔦屋書店(東京)★
gift_lab(東京・清澄白河)

★印はポストカード3枚セットも販売しております。

【WEBストアでも購入できます】
お近くに上記の本屋さんがない方は、ぜひ私のWEBストアでお買い求めいただけるとうれしいです。WEBストアでご購入いただいた方には「赤坂由梨制作・台湾おすすめスポット」「忠地七緒の直筆メッセージ」が特典としてつきます。

◆制作スタッフ&仕様

撮影・編集 :忠地七緒
モデル :赤坂由梨(スペースクラフト)
スタイリング :谷川夢佳
デザイン :鈴木由美
印刷・製本 :藤原印刷株式会社

2017年12月2日発行 | 64ページ | A5変型(横148mm×縦180mm) | オールカラー

写真展開催のお知らせ

th_DM◆大規模個展「She is ambivalent.」を、2018年2月9日(金)〜14日(火)に開催します。

自身初となる大規模個展「She is ambivalent.」を、2018年2月9日(金)〜14日(火)まで表参道ヒルズ同潤館3F・ギャラリー「表参道ROCKET」にて開催します〜!ぜひ皆様お誘い合わせの上、遊びにいらしてください〜!

ーーー写真展のポイントーーー
①台湾を舞台にした写真約50点を一挙に展示します。
②公私共に親交の深いモデル・赤坂由梨さんを撮り下ろしました。スタイリングはスタイリストの谷川夢佳さん。
③写真集『Ambivalence』、ポストカード3枚セット、写真の受注販売も行います。
④初日の夜(2月9日(金)18:00〜21:00)はオープニングパーティーを開催。マイクロロースター+COFFEEさんが出店し、コーヒーなどをふるまいます。

ーーー展示の詳細ーーー
会期:2018年2月9日(金)〜2月14日(水)<会期中無休・入場無料>
時間:11:00〜21:00 <2/12(月)〜20:00、2/14(水)〜18:00>
場所:表参道ROCKET 東京都渋谷区神宮前4−12−10
表参道ヒルズ同潤館3F
電話: 03-6434-9059
URL:http://www.rocket-jp.com/

ーーー写真展の内容ーーー
本展は、フォトグラファー/ライターの忠地七緒がクラウドファンディングにて、27日間でパトロン100名以上・90万円近くの資金を集めて、開催する写真展。

舞台は台湾の台北。2017年5月に、親交の深いモデルの赤坂由梨と台湾で過ごした2泊3日で撮りおろした約50枚の作品を展示します。かき氷を食べたり、公園で太極拳をしたり、夜市ではしゃいだり…。一見かわいい女の子の楽しい旅日記のように見える写真ですが、そのかわいさの隙間にひそむ女性の二面性がキーワード。

ずっと離れずそばにいたことで、普段は隠していたお互いのどろどろとした感情や素がぶつかりあい、写真家とモデル双方の本心=女性が持っている二面性をすくいあげるような写真となっています。女性を魅力的に見せることに定評のあるスタイリスト・谷川夢佳によるスタイリングも見逃せません。

タイトルの「She」とは、モデルのことなのか、写真家のことなのか、もしかすると世の中すべての女性にあてはまるのかもしれません。写真の中の女性の姿を、自分自身や身近な女性に重ねながらご覧ください。

ーーーギャラリートーク開催ーーー
会期中、写真家による展示解説を行います。 当日、表参道ヒルズ同潤館3F ROCKETの入口にお集まりください。 日時が決まり次第、改めてお知らせいたします。


写真集や写真展が皆さんの日々をほんの少しでも照らしてくれますように。女の子が自分を肯定するきっかけになりますように。ぜひ楽しんでいただけるとうれしいです。

【撮影&インタビュー】清澄白河『ARiSE COFFEE ROASTERS』

000021-4

シティガイド「HereNow」にて清澄白河のコーヒーショップ『ARiSE COFFEE ROASTERS』さんの魅力に迫る撮影&インタビューを担当しました。

清澄白河のコーヒー店『ARiSE COFFEE ROASTERS』が、ローカルと世界中の旅人から愛されるワケ

私は清澄白河に住んでもうすぐ4年目になろうとしていて、この町がまだ静かだった頃もブルーボトルコーヒーが出店してブームが起こった頃もなんとなく、知っています。どの段階の清澄白河も好きだけれど、最近は古い家が取り壊されたり、お店の方が立ち退きを要求されて、その跡地に新築マンションが建っている…という光景を目にすることがちょこちょこあり、もやもやした気持ちを抱えていました。

新しいお店が増えることも、新しい家が増えることも、新しい人が増えることも、とーーーっても素敵なこと。だけどあまりにもその変化や盛り上がりについていけなくて、何だかな…と思っていました(たった4年しか住んでいないのに、ね)。お店自体も林さんご自身もインタビューで取り上げられることは多いですが「コーヒー」を軸にしたものが多く、町との関係性で語られる記事は少なかったように思います。だからブーム前から清澄白河に住んで、清澄白河にお店を出した林さんの想いを聞いてみたかった。

インタビュー取材は通常、先方に1〜2時間時間を取ってもらって取材することがほとんどです。でも今回に限って言えばただ1〜2時間お店に足を運んで取材するのは違うと思った。お店に何度か足を運び、お店の空気を感じ、お客さんとのやりとりも含めて記事をする必要があるんだと思っていました。だからおおよそ5回程足を運び、他のお客様と混じって話を聞いていくというスタイルで取材をしてみました。もちろんお店や林さんの全てを知ることなんて到底できなかったけれど、それでも型通りのインタビューと比べれば、いいものを書けたんじゃないかと思います。

これが、フリーランスの強み。「早く帰ってこい」という上司もいないし「そんな一つのお店に時間をかけてどうするの?」と言われることもない。正直、時間もお金もかかるけれど、良いものを作りたいという情熱だけで仕事ができる。相手の想いを届けることができる。林さんへのインタビュー取材を経て、自分の取材スタイルが見つけられたな〜って思いました。だから余談だけれど、今後はメディアからお受けしてするインタビュー取材だけじゃなくて、企画&インタビュー&撮影というプランにして、必要としてくれる人がいれば自分から売り込んでいくことも考えています。相手の元に何度も通って、相手の本当の思いを引き出して、魅力を伝える、そんな仕事。例えば言葉にするのが苦手な職人さんとか…?まだイメージは固まっていないのですが。

あと、今回は全てフィルムカメラで撮影させてもらいました。フィルム信者というわけじゃないけれど、でもARiSEさんの魅力はフィルムの方が伝わるかなと思って。

000011-4

000022-4

オフショット。めっちゃ好き。

000024-3

左に写るおじいちゃんも、実はキーパーソンなのです。その理由はお店で聞いてみてください◎

000018-4

オフショット。豆を買うと林さんが種類などを書いてくれるのが味があって良いなあと思って。


自分にとって色々な挑戦をしたインタビュー取材&撮影だったので、色々と書いてしまいました。でも仕事に対してこれだけ想いを込められるのはとても幸せなことだし、関わってくださる方の理解がないとできなかったと思うのです。林さん、お店の常連さん、たまたま出会ったお客様、編集さんに感謝。

ぜひ、記事をご覧ください。特に3ページ目の展開が大好き。自分の仕事を好きって言えることもとても幸せなことです。

清澄白河のコーヒー店『ARiSE COFFEE ROASTERS』が、ローカルと世界中の旅人から愛されるワケ

【It’s me!】4月撮影日&お申し込み受付日時のお知らせ

長かった冬ももうすぐ終わり。春がやってきます。ということでフォトサービス「It’s me!」も再始動いたします〜!サービスは今年で3年目。今年も皆さんに撮影でお会い出来ることを心から楽しみにしております。

It’s me!とは?(コンセプト&サービス内容)
わたしがIt’s me!を続ける理由

フォトサービス「It’s me!」の 4月撮影日とお申し込み受付日時をお知らせします。

---撮影日---
4月7日(土)

---ご予約受付開始日時---
3月4日(日)20:00

・上記日時にブログ(「It’s me!◎月分お申し込み受付開始しました。」)を更新いたします。ブログ内の申し込みフォームから お申し込みいただいた先着順に受付いたします。
・こちらからのご連絡にご返信いただいた時点で、 予約完了となります。
・万が一、数日経ってもお客様からご返信がない場合、 自動的にキャンセルとなりますのでご了承ください。

--- フォトサービスIt’s me!について---
毎月1名様限定のフォトサービスです。予約開始は当ブログ・公式Instagramでお知らせします。
詳細は、下記のリンクからご覧ください。
コンセプト&サービス内容
撮影写真(下にスクロールしてIt’s me!部分をご覧ください)
撮影のご感想
撮影の様子

忠地七緒写真展「She is ambivalent.」の様子を公開します。

2018年2月9日〜14日に表参道ROCKETにて開催した写真展「She is ambivalent.」。6日間という短い期間かつ東京限定の写真展でしたので「興味はあったけれど行けなかった…」という方も多いはず。ということでインスタレーションビューを公開します。展示の世界観をぎゅぎゅっと封じ込めました。ぜひゆるりとご覧ください。

会場は表参道ヒルズ同潤館

表参道ヒルズ本館のお隣、同潤館3階の表参道ROCKETにて開催しました。この趣ある外観が大好き。

421A8449 421A8450表参道ROCKETはこんな場所

「OMOTESANDO ROCKET」の字がすごくカッコ良いので、その下に写真展タイトルなどデザインしました。インパクトがあってお気に入りです。展示空間は白一色。窓から入る光が本当に美しくて、いつも見惚れていました。

421A8475 421A8544 421A8587 421A8488一つずつ展示を見ていきましょう

2017 5 28・29・30
2泊3日離れることなく
ずっと一緒にいた
私たちの軌跡。

まずは出発の様子から始まります。

421A8547 421A8546

2つ目の壁へ。台湾を思いっきり楽しむモデルの赤坂由梨さん。食べたり飲んだりはしゃいだり眠そうだったり…。コロコロ変わる表情を捉えました。アクリルパネルを効果的に展示し、生の写真の迫力を演出。

421A8549 421A8554 421A8558 421A8560

そして窓際の展示では女性の二面性を表現。Ambivalentな2枚です。この2枚は同じ日に撮影しています。

421A8568

そして女性の本質を表現したカーテン空間の展示へ。来場者の皆さんに大好評でした。ゆらゆら揺れて表と裏の写真、どちらも楽しめます。

421A8633
421A8676 421A8679 421A8661

そして最後の一枚とへ続いていきます。

421A8583

向き合ってくださるお客様

一枚一枚じっくり見てくださる方、6日間という会期の中で2回、3回と足を運んでくださる方など、お客様が写真とじっくり対話し、世界観を味わってくださる様子が印象的でした。

421A8519

421A8522 421A8585421A8420

出来る限り在廊してお客様とお話するようにしたところ、たくさんの感想をお聞きできたのでご紹介します。

「何気ない表情、瞬間をそのまま切り取った写真に惹かれた」
「優しい色あいと透明感のある空気感が心地よい」
「女性が撮る女性ってかわいくて美しい。本当の可愛さが写っている」
「やっぱり女の子って良いなとじんわり感じた」
「映画のワンシーンみたいな写真たち。写真に写る女の子の気持ちを想像してしまう」
「画面越しで見る写真とは全然違う。目をみはる程プリントが美しい」
「空気感が写真から溢れていて、台湾に行きたくなりました」

ちなみに会場で流していたBGMについてのお問合わせが多かったので、共有しますね。
PAPERSKY : TAIWAN | cook
台湾をテーマにしたプレイリストです。無料でどなたでも聴くことができますので、ぜひ。

おわりに

2017年5月に台湾で撮影し、6月にクラウドファンディングへ挑戦。2017年12月に写真集を出版し、2018年2月に写真展を開催。写真展は6日間で600人を超える多くのお客様に足を運んでいただき、メディアでのご紹介は10媒体を越えました。

私たちが心を込めて作り上げた写真、写真集、写真展がじわりじわりと皆さんに届いていくのが本当にうれしいです。写真展は終わってしまいましたが、あの空間を共有できた思い出や写真集はいつまでも残っていきます。これからもたまに思い出した時に写真集を見返したり、この記事を読み返してもらえると、本当にうれしいです。

写真集制作や写真展開催に関する記事やエピソードは、「#写真集」「#写真展」をクリックしていただけるとそれぞれご覧いただけます。お時間のある時にご覧くださいませ。

写真集のお買い求めはこちらからどうぞ。

保護中: 【パトロン様限定】忠地七緒写真展・裏「She is ambivalent.」

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

Taiwan Tea & Gallery 『台感』での展示、終わりました!

421A5410

表参道ROCKETでの展示、そしてTaiwan Tea & Gallery 『台感』での展示も終了しました。小さな小さな展示でしたが、来店いただいた方に楽しんでもらえたようで、嬉しかったです◎

421A5406 421A5412

写真集や写真展に掲載しなかったオフショット中心に展示していました。

今日2月17日から3月14日、台湾靴下ブランド「+10 テンモア展」が開催されます。個人的にずーーーっとテンモアさんの靴下が欲しいと思っているので買いに行く予定。これからも台湾の楽しいことワクワクすることがぎゅっと詰まったお店になるはず。ぜひ皆さんチェキラです〜!蔵前近くの浅草には台湾FOODのお店もでき始めているので、一緒に足を運ぶのもおすすめ◎

Taiwan Tea & Gallery 『台感』