雑誌『あわい』出版のお知らせ

─Aな自分もBな自分もそのまま自分(まえがき)
─誰かの価値観は重要じゃない(佐藤満春)
─“中”を使っていれば、自分らしい表現がおのずと現れていく(古川誠)
─きっとこれからも揺れ動くのだろう(忠地七緒)

企画・写真・文・編集をすべて手がけた雑誌『あわい』vol.1を発行します。

前作『Ambivalence』出版から3年経った2020年初夏。主観に振り切った紙媒体を作りたいと思い立ちスタート。どちらか決めきれない「ゆらぎ」をテーマに制作しました。

それぞれの想いや生き方にふれることで、世の中に”あわい(間)”が広がっていきますように。


【Contents】
・残暑のセレナーデ/麻佑
・あわいな人/佐藤満春(芸人・放送作家)
・弱く、やさしく、美しく/古川誠(メトロミニッツ編集長・小説家)
・女と母のはざま/忠地七緒(フォトグラファー/ライター)

【制作】
写真・文・編集 /忠地七緒
デザイン/平崎絵理
印刷・製本/篠原紙工

【仕様】
2021年7月1日発行|46ページ|A5

【ポイント】
・神奈川県・真鶴の美しい景色を舞台に撮り下ろしたとある女の子の2日間
・TV、舞台、ラジオと幅広く活躍する佐藤満春さんの7,000字インタビュー、撮り下ろし写真
・元オズマガジン編集長・古川誠さんが初めて語る表現や生き方、1万字インタビュー
・デザインは数々のアイドル写真集やCDジャケットのデザインを手がける平崎絵理
・製本は川島小鳥『明星』、祖父江慎『いいかげん折り』などを手がけた篠原紙工
・忠地七緒が企画・写真・文・編集まですべて担うことで生まれた世界観


1年という長い制作期間を経て、ついに皆さんにお届けできる日が来ました。もっとありのままで生きやすくなればいいのに、もっと関わる人みんなが幸せなものづくりがしたい。そんな情熱と誠実さだけでここまで歩んできました。

『あわい』を作ること自体も大事でしたが、『あわい』が届くこと、その輪が広がることで、少しでも美しい世界を感じられたり、弱さを受け入れられたり、前に進むきっかけになれることが一番です。

6月15日〜6月30日に先行予約販売を行います。予約販売でお買い求めいただけたら本当に励みになります。誌面の中身をチラ見せしていたり、予約限定のおまけもご用意しましたので、ぜひご覧ください。

https://naotadachi.thebase.in/items/45253043

7月以降は『あわい』の世界観に共鳴してくださる書店やお店と共に届けていけたらと思っています。詳細は決まり次第こちらでお伝えします。

WEBマガジン「haconiwa」で連載した制作秘話もぜひ。