“業界の常識”を手放すことについて色々書いてみます。

45390020

昨日書いた記事。今まで重きを置いていたことをやめようと思っている話。

まずアシスタント制度をやめます。この1年間、数十人もの人を面談して、現場に来てもらって。今もアシスタントをきちんとお願いできると思える人はたった一人。「カメラマンにどうしてもなりたいんです!」そんな志を話す大半の人が一度現場に入っただけで音信不通になりました。いくつか問題点があると思っていて、たとえば人間関係がそもそもないからブッチしやすいとか、社会人経験がない人が多くてマナー意識が希薄とか、現場が厳しいとかあるのでしょう。でも正直疲弊したし、アシスタント制度に限界を感じています。

でも仕事をお手伝いしてもらうことで、もっと事業を大きくしていきたいのは事実。だからパートナーという制度の元、対等に仕事ができる人にきちんと価値をお渡しして、仕事を手伝ってもらえる座組を作ろうと思います。この1年模索し続けて、もう、アシスタントという言葉の元、労働力を搾取するのは時代に合わないと痛感しました。写真家・濱田英明さんのnoteに私が感じているすべてが掲載されています。→正当な対価の交換と対等な立場の構築 どうやって作っていくかはこれからなのですが、きっとパートナーの方がヘルシーでサステナブル。

もう一つは重いポートフォリオを持って営業に行くことをやめようかな〜〜と思っています。なんというか、ポートフォリオを見てもらうことはとっても大事だと思うし、そこからご縁がつながった案件もたくさんあります。だからすごく感謝もしています。でもがむしゃらに持っていくのってもう時代にそぐわないのでは?と思ったのです。ポートフォリオを持ち込む時点で上下関係ができるような気がするし、正直会って反応が芳しくないこともしばしば。プリント代もなかなかかかります。

ポートフォリオを見てもらう代わりに、自分の作風を全面に出した写真集を作って配布するとか、イベントをするとかして、相手から見つけてもらった方が良いのでは、と。そういう個性をもっと出していくことが大事。実際、表参道ヒルズで写真展した時、いくつかの出版社さんから「ポートフォリオを見せてください」「仕事お願いします」と声をかけてもらったんですよね。

もう写真やメディア業界の慣習を守る形で仕事していても面白くないのかも?って。こないだ知り合いのライターさんとも話していましたが、どんどん休刊になる現状で、雑誌はいつも同じ人が撮っていたり書いていて、その枠はなかなか空かない。そこに不満を感じたり、お願いしてねじこんでもらうこともできるけれど、それなら自分で雑誌作っちゃえば良いのでは?って。自分が必要と思う雑誌を作り、マネタイズを考えた方が良いのではと思うんです。既存の制度に自分をあてはめるのではなく、自分が新しく作っていく。もちろん大変なことはあると思うけれど、その方が長い目で見たら面白いし、万が一失敗しても糧になる。もちろん既存の雑誌で好きなものはたくさんあるから、そういう雑誌に見つけてもらえるような存在になった方が楽しいと思う。

皆さんどう思うのかな。自分のウェブサイトだから好き勝手書いちゃいました。笑

ご意見など聞かせてもらえるとうれしいですー!

“常識”を手放すことその1。

8月になって今までのやり方を見直す機会がたくさん、ある。今までなんとなく続けていたことを辞めてみるって勇気がいるけれど、結構楽しい。毎週ではないにせよ休日もなんとなく仕事していたのを、休日は休むことを徹底している。メールもSNSも一切見ない。体を休めたり、夫とゆっくり話したり、新しい経験をする。きちんと週2日休むことで、気分が切り替わってリフレッシュになるし、どんどん狭くなっていく視野をふわっと広く持てる気がする。そして今、さらに2つ今まで重きを置いていたことをやめようと思っていて、それは個人的に革新的でわくわくすること。もう昔のやり方にこだわっている時代じゃないのだろうな〜とつくづく感じる。TVがYouTubeに取って代わられている?ように、フリーランスとしての働き方も写真家としての道のりも、今まで歩んできた先人の道のりをなぞるのは、もういいやー!

 

【お仕事】清澄白河のお花屋・バタフライデコ撮影

10_190702mer326

清澄白河で愛して止まないお花屋・バタフライデコさん撮影しました。私はオーナーのyocoさん自身もyocoさんが作るお花もすごく大好きなので、本当にうれしいお仕事。yocoさんがお花屋になったきっかけ、仕事で大事にしていることを伺っています(私は撮影のみ)。yocoさんのことが好きすぎて写真も最高です。ぜひご一読を!

【憧れの職業密着】一度は憧れる♡ “お花屋さん”ってどんなお仕事?

結局、ベーシックに戻ってくる。

先週から夏休みを取っています。なんだかいつもだーーっと突っ走っているけれど、何のために頑張っているのか見えなくなってきて、少し意識的にお休みを取ってみました。お休み中はメールもSNSも極力見ず(SNSはログアウトしていました)、ノートとペンを持って自分と向き合う日々。向き合ったことでいくつか気づいたことがあります。

私はメリハリをつけた生活の方が向いていること。朝早く起きて集中して移動時間も無駄にせず仕事して、18時頃には仕事を終え、その後は本を読んだり、夕飯を食べたり、誰かと話したり。日が変わる前には寝る。睡眠時間は8時間欲しい。土日は休む、土日に撮影が入っていたら平日休む。そんな日々をここ2週間続けていて、なんだかしっくり来ると思いました。

何のために頑張っているのか。まだ明確な答えは出ないけれど、クライアントワークについては仕事を依頼してくれるクライアントさんが求める結果の150%を目指すこと。It’s me!®は自分を肯定できる人を増やすこと。作品は自分、そして共感してくれる人のため。

そしてやっぱり私は本が好きで、本に前進する力をもらってきたから、これからも本・雑誌に携わる仕事をしていきたいのと、自分で作りたいと改めて思いました。それが写真集になるのか、ZINEになるのか、どういう形態にするのかわからないけれど…。失敗するのが怖いとか売れなかったらどうしようとかお金がとかそういう言い訳ばかりしてきたけれど、もうそろそろ良いかな。動きたい。最初の一歩は小さくてもいいから。

結局、ベーシックに戻ってくるなあと思います。遅くまで働く人を否定する気は1000%なくて、人それぞれに合った働き方があるよね、というお話。私は週休2日、規則正しい生活、おいしいご飯と適度な運動、、良好な人間関係というベースが整っていてクリエイティブのクオリティが上がる、そういう性質みたい(天才肌ではないんですよね)。きちんと休む分、仕事のクオリティをその分上げるプレッシャーがある。でもあえてそこに挑戦していきたい。

私はフリーランスになった時から、ずっと同じことを言っている。女の子の素を写真で届けること、写真と文章で人やモノの魅力を届けること、仕事と生活を両立すること(生活をおろそかになんてしない)。それをこれからもやっていきたい。明日からまた集中して働くぞーー!