【Work】NEXTWEEKEND連載

NEXTWEEKEND連載「ふたりのこと」にて美容家・岡本静香さんと旦那様を取材しました。お二人の話を伺って、なぜか自分の夫婦関係を肯定できた気がします。

この連載では私の視点で取材対象者を深堀りしていく、という形式で書かせてもらっています。だから私の心が動いたことが色濃く出ているかもしれません。末尾にはこんな言葉を添えました。

ふたりは趣味や方向性が異なることを悲観していません。

違う人間であることを理解しあい、お互いのやりたいことをいつだって応援し、その都度歩み寄ってベストを導き出していきます。

その姿勢はどんな夫婦にも当てはまること。

すべてがぴったり合う夫婦はいないし、好きなことが違うのは当たり前。

だから刺激を受けるし、すり合わせの結果生まれた新しい価値観はふたりだけの道しるべになる。

1+1が合わさって、2にも3にも100にもなれる関係性。

それが夫婦の醍醐味なんだと岡本夫妻から教えてもらった気がしました。

ぜひゆっくり読んでもらいたいです◎

“好き”に正直なふたりだから、無敵になれる。岡本静香夫妻の愛しいルール。

自然と調和した生き方

6月後半から7月前半「ここは頑張りたい〜」というお仕事が続いています。よく「緊張しなさそう」と言われるのですが、やっぱり大事なお仕事の前は緊張してお腹も痛くなります。

でもそんなんじゃ自分の力を最大限発揮することは難しいから、ひたすら整える術をここ数年、身につけてきて。ようやく少し自分をコントロールできるようになったかな、と感じています。

特に自然の力は大きい。モヤモヤしたら緑がいっぱいの公園を散歩する。頭上に緑がわっさーと茂っていると浄化されるタイプのようで、すっきりします。自分の症状(腹痛、不安感など)に合わせてハーブティーを飲む、バスソルトを作る。そんな小さな工夫に救われています。

つい最近、ほぼはじめましての方とゆっくりお話する機会がありました。とりとめもなく色々なことを話したのですが、その方に「自然であることを大事にしているのですね」と言われ、やっぱりそうだよなあと再確認。自然でいたい。それは今までずっと私が写真を通じて届けてきた「ありのままが一番すばらしい」という想いと一致します。

東京という場でできる自然と調和した生き方とは何だろう。
インスタントな表現ではなく本質的な表現とは何だろう。

このウェブサイトは自分のホーム!なのでとりとめのないことを書いてしまいました(笑)来週も撮影が続きます。今、このような状況下で撮影させてもらえることに感謝しながら。でも本音を言うとマスクが外せる日が来ると良いなあ。リップが全然楽しめなくて切ない。

悔しいくらい愛おしい毎日(22)

毎日を撮りためている。散歩中、ふと目をやった先にいる猫。夕暮れにめいっぱい光を貯めた自転車置場。日常は愛しい瞬間で溢れてるね。

girl,girl,girl

撮りたい撮りたいと思っていた女の子。梅雨入り直前に撮影しました。ちょっと面白いことができないか、画策中…。

model:麻佑

NewsLetterを始めます。

Twitterを辞めるにあたって新しい取り組みを始めます。第一弾が小さなフォトエッセイ。季節の節目にお手紙を書くような気持ちでお届けしますので、宜しければご登録ください。

ちなみにこの画像は前回送付分のもの。名刺交換した方には先行して一通目を送付していたのです。

今週金曜正午までに登録いただけたら、6月配信分(夏至)からお読みいただけます。→NewsLetter登録フォーム

忙しい日々にそっと寄り添う写真・文章。ゆるりとお楽しみいただけるとうれしいです◎