負のスパイラルから抜け出すのは、小さなセルフケア

53640004

ここ数日、胃腸炎で寝込んでいました。いつも春先にかけて高熱が出て1日寝て汗をかいて治す、というのがよくあるパターンなのですが、今回は治りが遅かったのと、今の情勢も相まって眠っている間に色んなことを考えました。

胃腸炎になったのはきっと色々な原因が重なっているんだろうけれど、今年に入って辛いな〜と思うことがいつもより多くて、頑張って持ちこたえてくれていた体が悲鳴を上げたんだと思います。仕事の忙しさ、取材先とのコミュニケーションのずれ、ペットの死、お世話になっていた雑誌の休刊、世の中への不安。そういうことがじわじわ積み重なって体にどーんと出ました。

最近読んだ中で『からだとこころを整える(著:田中のり子)』という本があります。あとがきに書いてあった言葉が印象的だったのでかいつまんでご紹介します。

からだやこころについて深く考えるようになって、「あれはよくなかったな」と思い返したのは、自分の辛さを人とくらべて「こんなのは大したことじゃない」と、なかったことにしようとしたことでした。

「辛い」という気持ちは、自分が認めてあげないと逃げ場がなくなり、癒やされること無く、こころの奥底にもぐってしまいます。そして逆にいつまでもその痛みを引きずってしまうのです。

体力がある人もいれば、疲れやすい人もいる。ストレスや痛みに強い人もいれば弱い人もいる。それは「いい」「悪い」ではなく、それぞれの個性。辛さをジャッジするのではなく、認めることが大切だったんだと考えるようになりました。

この文章を読んだ時、すごく救われた気持ちになりました。自分が感じる怒りや悲しみ、苦しさをつい他人と比較して「私はあの人ほど大変じゃないから落ち込み過ぎちゃいけない」と片付ける癖があったように思うのです。なかば自動変換のようにしていたけれど、そうじゃないんだな。自分の感情は自分の感情として認めて良いんだ、と知りました。

今、このような状況で何を信じればいいのか、どう生きればいいのか…。家にいて時間はいつもよりあるけれど、ネットを見ると辛いニュースばかり目に飛び込んできて、余計気持ちの置き所が分からなくなる…そんな人も多いはずです。寝込んでいた期間の私はそうでした。

どうか…そういう気持ちを無かったことにせず、なるべく自分を大事にしてさしあげてください。大きなことじゃなくて良いです、おいしいケーキを食べたり、ゆっくりお風呂に入ったり、眠る前にストレッチするとか、簡単でご自身をケアできること。


そしてこのウェブサイトでは世の中のニュースからは少し離れて、心をふわっと軽くしたり、息をふうっと吐けたり、未来が楽しみになれるようなことを小さく、継続的にお届けしていこうと思います。日常にひそむ小さな奇跡や喜びをそっとすくい取って、毎週お届けしていきますので、ぜひ楽な気持ちで遊びに来てくださいね。

【Work】乃木坂46・遠藤さくらさん撮影

large_02_200307popnroll_038_re2

乃木坂46・遠藤さくらさん撮影しました!去年のシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」ではいきなりセンターに抜擢された期待の新人さん。透明感が素晴らしかったですーー!

写真&記事はこちらから。

large_04_200307popnroll_135_re2

日々は螺旋階段

53630021

あっという間に3月。今年に入ってついてないな〜と思うことが本当に多くて!!!これは後厄のせいだ、きっとそうだ、と乃木神社にお参りに行って、昔自分が書いた記事を読んでいたら、なんだか同じことで悩んでいて進歩がないな〜とふてくされそうになった。大体フリーランスという立場の弱さと自分がハッキリものを言えない弱さについてうじうじしている。この働き方は大好きなんだけど、あまりにも立場が弱すぎる。

もともと面白いアイデアはどんどん共有しよ〜〜って思っている方だから、たまに利用されることがある。私が出したアイデアや企画が別の誰かがさも自分が立てたかのような顔で発表していることがある。そういう時、善意でいろいろと話したことが悪意となって返ってくる気がして悲しいしやるせない気持ちになる。

多分、私自身が性善説派だからどうしても人を信じたいけれど、現実はそうはいかないみたい。そういう時フリーランスで働くことは正直疲れるなあと思う。人を疑いたくないのに疑わないと自分が不利益を被る…こともある。

基本的にマイナスなことは書かない主義なのだけれど、そうすると自分のウェブサイトの更新が仕事のお知らせばっかりになって、それもなんだかなあと思うので思うことを素直に書いてみよう。リハビリのような記事。

そうそう、ひそかにウェブサイトをリニューアルしています。フォントを明朝体ベースに、BLOGをJOURNALに、ABOUTMEも4月中にはガラッと変わる予定。

なんだか昨日は仕事後に落ち込んでしまって、近くのピザ屋でウーバーイーツしてソファでふて寝していたら、夫が帰ってきて↑のようなことを話したら「螺旋階段だね」と言っていた。同じことで悩んでいるかもしれないけれど、でも、階段は登っているでしょ?1年前にはできなかった仕事が今できてるでしょ?って。周りながら進むから同じことで立ち止まることはあるけれど、それでも前進はしている、と。

すごくいい考え方だな〜と思ったのでおすそ分けです◎夫との関係性の変化についても本当にどこかで書きたいんだけど、それはまた追々。

「喫茶 隙間」@hako gallery を終えて。

_MG_5040

3/10「喫茶 隙間」無事終了しましたー!終日雨だったのでお客様来てくれるかな、と心配していたのですが、オープン直後から一度も途切れることなく人が来てくれて、途中、増席するほど。とても楽しい一日になりました。

_MG_5068

_MG_5065

私は「悔しいくらい愛おしい毎日」から6点展示しました。2年前の春からコンパクトフィルムカメラを片手に撮っている日々。今まできちんと展示したことがなかったからちょっとドキドキしたけれど、お客様からは「何気ない日常を肯定してくれる」「考えさせられます」「写真に癒やされました」など感想をたくさんいただけて。ただ自分のために撮っていた作品が誰かの心を動かすこともあるんだ、と自信になりました。これからも撮り続けて、また展示したいと思います。

写真はすべて暗室で焼きました。アシスタントさせてもらっていた頃、ベタはよく焼いていたのですがプリントは初めてで。学びが多く、とてもいい機会でした。写真の白フチに自筆で言葉書き添えたのも良かったな。

_MG_5055 _MG_5058

「喫茶 隙間」に参加して思ったこと。

今まで個展ばかりで、誰かと一緒にやるって楽しいな〜〜と実感しました。元々会場である代々木上原のhako galleryはよく足を運んでいていつか展示したいと思っていた所、知り合いの+COFFEEさんがこういうイベントを主催すると聞いて。珈琲(+COFFEE)菓子(iplikana)音楽(paniyolo)の3人の企みに思い切って飛び込んでみたら世界が広がりました。それぞれの表現、それぞれのお客様が混じり合って、本当にいい空間だったな。

また、写真を生で見てもらうことの楽しさ。SNSのいいねだけじゃ伝わらない感想をたくさんいただけて。ときには「ライフスタイルも含めて憧れています」なんて声も聞かせていただいて。恐れ多いけれど、生活も含め表現だと思っているのでうれしかったです。

最後に、これからもっと作品を撮っていこうと確信しました。なんだか色々とうまくいかないことも多い2020年冬でしたが、現状を打破できるのは作品だ、と。私は今も昔もアーティスト気質では全然なく、それがなんとなく自分のストッパーになっていました。でも展示して私の写真をいいと言ってくれる人がいる。それは撮り続ける理由になる。

_MG_5053

なんだか久しぶりに自分でエイっ!って挑戦したことだったな。楽しかった。この調子でどんどんチャレンジしていこう〜!

【Work】雑誌「Discover Japan」撮影

_MG_4777

雑誌「Discover Japan」2020年4月号、撮影しました!なんと被写体は車。車を撮ったことがほとんど無く、でも私の柔らかいテイストでお願いしたいですと言っていただき、ドキドキしながらお引き受けしました。実際撮ってみて、とても楽しかったー!何事もまずは飛び込んでみるのが大事だな〜と思えたお仕事です。

_MG_4769

大好きな湘南・鎌倉で撮影できたのも、憧れていた雑誌で撮れたのもうれしい。4ページ撮影していますのでぜひご覧ください〜!