【Work】メイビーME撮影

アイドルグループ「メイビーME」さん撮影しました。いつも同じこと書いているけれど、アイドルって本当にかわいい。女の子って本当にかわいい。撮影の時は「はじめまして」から始まるけれど、一人ひとり撮影中に対話するよう心がけているので、短い時間であっても個性が出てくるんですよね。その個性…つまり魅力的な部分をふわっと切り取ったつもりです。すべての写真はこちらからご覧ください〜!

自分自身で生きていく

あっという間に3月も後半になっていました。年明けから仕事もプライベートも目まぐるしい目まぐるしいで、ようやく一息つけている気がします。

最近は撮影や執筆を普段どおりしながら、自分のプロジェクトも進めています。1つ目はマガジン『あわい』。昨夏から自身初の媒体を生み出すべく、ずっと準備を重ねてきました。登場いただくのは、モデルの麻祐さん、芸人/放送作家の佐藤満春さん、『メトロミニッツ』編集長の古川誠さん。大好きな方々をご紹介できることが本当にうれしいです。

デザインや印刷製本でご協力いただく方も素晴らしい皆様に恵まれて、本当にいいマガジンが作れると思います。5月末完成を目処に制作中ですので楽しみにしていてくださいね。

あと一つ大事なプロジェクトが進んでいて、1月から撮影を重ねています。夏頃には発表できるだろうか。そちらも私の作風がずどーんと出ているすっごくイケているものになる予定です。

もう、自分自身で生きていこうと腹をくくっています。自分自身で生きていこうって言葉、分かりづらいかもしれませんね。私が存分にやりたい、女の子を撮ること、写真と文章で届けることを自主プロジェクトで先にやっちゃう。そのプロジェクトに共感してくれる人の輪が広がっていくことで、私自身の可能性をより発揮できる仕事ができていくだろう、ということ。

フォトグラファーもライターもたくさんいるから
やりたい仕事は待っていてもなかなか来ない。
自分で掴み取っていこう!

そんなこんなで心身ともにとても元気です。女の子を撮ったり、写真や文章で想いを届けるお仕事があれば気軽にContactからご相談ください〜!

春は芽吹きの季節。この文章を読んでくださった方にも素敵なご縁が訪れますように。

子どもを授かりました。

この度、子どもを授かりました。予定日は夏の終わり。体調は安定しており、撮影・インタビューも普段通りしています。産前・産後は少しお休みをいただきますが、引き続きバリバリお仕事する予定です。


実は、学生の頃から「子どものいない人生が良いかな〜」って思っていたし公言もしていました。27歳で結婚、今33歳。周囲からの緩やかな「子どもまだなの?」プレッシャーを感じながらもずっと「二人で楽しいから、このままで良いな」と思っていました。

でも、この1年で「子どもがいる人生も面白いかも」と思いはじめたのです。

二人が幸せなら、三人だと予想もつかない楽しさがあるのでは?きっと大変なことはたくさんあるはず。それでも太古から人が子どもを産み、育てているということは、きっと何か面白いことがあるんだろう。そんな小さな好奇心がむくむくと湧いてきました。

また歳を重ねるにつれ、子どもがいる人を撮ったりインタビューする機会が増えてきて。もちろん子どもがいなくても撮ったり、書いたりはできるし、考えは人それぞれ。私は自分自身が体験できるなら体験して、より実感を持って取り組んでみたいという気持ちが強くなっていました。

でも、大変だろうな〜どうしよう〜と決めきることができず、最終的には「起きることすべてに意味があるから、授かっても授からなくても受け入れよう」と気持ちを固めたら、ふわりと授かりました。どひゃー!

望んでいたけれどそれなりにつわりもあり、最初は戸惑いの方が大きかったです。喜びと心身の変化でごちゃごちゃになりながら数ヶ月を過ごし、さまざまな気持ちの変化を乗り越えたり、いなしたり、思いっきり夫と喧嘩したりしながら、穏やかな気持で今日を迎えています。


妊娠・出産という経験を経て、私は変わるのでしょうか?案外変わらないのでしょうか?今はまだわかりません。でも検診のたびにエコーを見ると涙が出てしまうくらいうれしい。この気持ちに嘘はないなあと思います。

はじめは出産後にお知らせしようと思っていました。何が起きるかわからないし…。でも生命の神秘に触れて日々変化する気持ち…うれしさ・葛藤・不安。今しか書けない言葉があると思いました。

私はいつだってありのままの葛藤や道のりを綴ることで、誰かのお役に立てたらという気持ちでいます。今回も誰かの小さな灯火になれたらいいな、という気持ちが強くなり発表に至りました。


とはいえ、急に妊娠・出産のことばかり届けはじめたりはしないのでご安心ください◎ 女の子を撮るし、写真と文で届けるという姿勢は変わらないです。今までなかった要素が加わることで、幅が広がるイメージでいます。

体調は安定しており、仕事も普段どおりしています。感覚が研ぎ澄まされているのか、とても良い写真と言葉を紡げている。だからお仕事など気にせずご相談ください。

産前・産後は少しお休みをいただき、少しずつ復帰していければと思います。目安はHPやSNSでお知らせしますね。

クライアントの皆さんにご報告すると、かけていただく言葉が本当にあたたかくて。「私もうれしいです」「これからどんな表現が生まれるか楽しみですね!」って。素敵な方々とご一緒できていることのありがたさを噛み締めています。本当にいつもありがとうございます。

いつまでいるかわからないけど、優しい人がたくさんいる清澄白河という町で育てられるのもうれしいな。生まれたら木場公園を散歩して、ブルーボトルへ行こう。お花屋さんでお花を買って、古本屋さんで絵本を買おう。

これからの私も人生も本当に楽しみです。最後まで読んでくださって本当にありがとうございました。

【Work】ルミネ町田撮影

ルミネ町田様のInstagram広告撮影しましたー!とてもいい雰囲気で撮影できたので、その感じが写真から伝わると思います。「忠地さんのテイストで」とご依頼いただき、女の子の自然体でかわいくてなんだか嬉しくなっちゃう感じを表現しましたー!あー、楽しかった。

こういうちょっと芯のある感じも大好き。髪の毛が逆光に照らされてはらりとなびいているのも素敵ですよね。他の写真はルミネ町田さんのInstagramに掲載されているので、ぜひご覧ください。

あ〜女の子、もっと撮っていきたーい!

Photo:忠地七緒
Hair&Make-up:廣瀬実和
Stylist:大石ともこ
Model:真仲ひかり

【Work】CYAN Issue018

雑誌『CYAN』 Issue018「モノづくり人」撮影、執筆、編集担当しました。今回ご紹介したのはデザインユニットakii。ふたりが作るプロダクトが好きで、いつかご紹介したいと願っていたのです。

代表作とも言える「NIGHT BOOK」を軸にものづくりにかける思いをありのまま聞かせていただきました。

生活を共にするものはあまり洗練され過ぎていると手が届かないし、機能一辺倒でもつまらない。そのちょうど良い交差点を探しながら”語りたくなる”ものづくりを。地に足の着いたakiiの道のりは、まだ始まったばかりだ。

という言葉を末尾に添えました。写真も文章もとてもいい仕上がりだと思います。ぜひ書店でご覧ください。